シンプルのみではない何か:北欧インテリアとアイアンレッグ

こんばんは~

北欧インテリアの良さはシンプルだけでは言い表せないデザインがあります。

例えばフレンチテーストなら装飾に非常に凝っていたり、家具などの場合は脚等に大きな個性があったりと非常に部分的なものが多く見分けも付けやすいことも多々あります。

実際に下のカフェテーブルかも見れますようにカントリー調なのにフレンチテーストな部分が垣間見れます。それは、優雅さも合わせて感じるものでしょう。

手作りでこのボリュームとデザインにしては安価に思います。ゴージャスな雰囲気でコーヒータイムを過ごしたい方には、ピッタリのインテリアです。また、他のテイストの家具と合わせても使えるテーブルです。

こちらは北欧テイストのカフェテーブルで同じく脚はアイアンです。ボーリューム感は余りありませんが、線の細さがシェイプの繊細さを表しています。脚もシンプルですが、全体のバランスを考えてデザインされていると思います。

どちらが好みであるかというのは人により違うものですが、全体的なシェイプに拘るのが北欧インテリアなのです。北欧テイストにも色々な種類があることは間違いあませんが、細かな線で全体的なデザインをされていることが多いのが特徴です。

一瞬の冷たさを感じるデザインもありますが、基本的にはデザインか木の温かみを感じる作りになっていることが多いです。

アイアンレッグとブラウンの木の組み合わせは定番中の定番なのかも知れません。

その組み合わせの相性は非常に良く、どこか懐かしいようで新しいのが北欧インテリアだと思います。

いつも、ありがとうございます!

オススメ  ナチュラルに過ごしてみよう