入手の難しい古材の北欧系リビングテーブル(こたつも含む)

こんばんは~

北欧ヴィンテージ系のインテリアでこたつというのは、かなり不自然な気がします。でも、ヒーターが付いたリビングテーブルと考えると少しイメージしやすく思います。

こたつは日本独自の文化ですからね。海外からもこたつの利便性や機能性に興味が持たれて、少し輸出されているという話を聞いたこともあります。

古材のウイスキーの樽が不足するほど売れているらしいです。ここに来てやっと少し安定供給されているようですが、前にもいいましたように生産台数はこのクラスでも50台前後だと予想しますので、
気に入った方はお早めのご購入が安全です。特にローテーブルのこたつは季節商品ですので冬には多分入手が難しくなります。

季節商品はその逆の季節に購入することで商品の安定性を含め、良いことが多いです。(職人さんが少ないのに色々なブランドからの受注が多く、販売店も納期を守りたいため急かすため)
もちろん、寒くなってこたつを買うという行動が通常だと思います。


予想以上にシンプルですが味わい深くおしゃれなこたつです。


古材風のおしゃれなこたつです。

denbybc02

一番下はヴィンテージとは違いますが、北欧らしいデザインが魅力のおしゃれなこたつです。
 

(☆上の画像3点は楽天に飛びます☆)

上の画像がこたつ(ローテーブル)下がリビングテーブルです。古材というのは色々な味があり、以前、私が実物を拝見したときは微かですがウィスキーの香りがしました。冷静に考えますと気づきはしませんでしたが、そういう臭いがするものが近くにあったのかも知れません。ただ、そういう香りを感じても不思議では無い、テーブルの味わい深さがありました。

0722001

結構値が張りますが、特にテーブル類のほうは安定しているのでギリギリ通販で買える商品だと思います。自分の目で見ないと納得できない方や、木目や節に大きく拘る方は実物をショップで見られてから購入されるのがよいでしょう。

新しい材料は木の香りがして凄く好きなのですが、古材は新しい材とは違い趣があり懐かしさも感じます。

北欧を含めヨーロッパの樽がインテリアになるまでの材料の歴史のようなものも感じられ、楽しい時間をリビングルームで過ごすことが出来るでしょう。




いつも、本当にありがとうございます!!

オススメ  久々の追い込みスーパーセール