北欧インテリア:北欧ど真ん中なローボード

北欧インテリアに多いデザインは素朴でシンプルなのだけど、どこかスタイリッシュに感じる部分があるものが多く存在します。

このスタイリッシュに素朴にで魅力のあるインテリアをデザイン・製造するのが難しい事なのです。

スタイリッシュなインテリアってどの様なデザインがスタイリッシュなのかと言いますと、

公園の丸太のベンチを思い浮かべると分かりやすいのですが、それよりは随分とスッキリとして洗練された雰囲気を持たせるのが、

北欧インテリアの一つでもあります。もちろん、丸太の素材感は素晴らしいもので、その素材感も北欧と言えば北欧なのですが、

それとはまた違ったテイストが北欧テイストなのでしょう。

北欧テイストにも色々とあり、ウォールナット材で軽く深みがありスタイリッシュなローボード言えば、


(画像にリンクがあります)

このTVボードはある意味北欧テイストの真ん中とも言える上品なデザインだと思います。

このローボードは人気が高かったのですが、惜しまれつつ廃盤になるTVボードです。多分、海外製の割にやや高価なイメージのするTVボードだったと思いますが、個人的にも欲しいと思ったことのあるローボードです。

(以前はネットでも4万円弱しましたが、今は最後なので少し安くなっています)

人気が高く作り込まれている分、飛ぶように売れない限り採算が合わなくなるTVボードなのだと思います。

家具の廃盤なんてものは非常に多く、特に何も思わないことが多いのですが、この商品は個人的に別格なのかも知れません。

ウォールナットの杢目も印象的なローボードです。

色々な北欧系のローボードが生まれてくる中で10年近くあったような商品も突如ショップから消えることも多々あります。

それも巡り合わせで、自分の好みに合うものと欲しい時とが重なった時に購入するのが一番自然な購入でしょうし、満足感も高くなります。

物を購入をするなら満足感を得れるような購入が一番いいでしょう。

でも、これが非常に難しい事だったりもします。

スポンサーリンク


スッキリと気分の晴れるような物の集め方が一番楽しい集め方になるでしょう。

オススメ  美しいナチュラルの庭園