北欧雑貨にまで再度カエル人気

こんばんは~

いつも、ご覧頂きありがとうございます!

今日は、何処の北欧系インテリアショップでもみかけるようになった蛙に着眼してみました。

2008年頃に一度流行ったカエルですが、ここ1年くらいで再度ブームといっても過言では無いレベルでカエルの雑貨を見かけます。

だいたい、週に2-3店舗くらいはインテリアショップや家具屋、雑貨屋のいくつかは見るのですが、いい場所にアイアン製のカエルの置物が置いてあるお店が多いです。

カエルはやはりアマガエルで、雨が降っていて蓮(はす)に乗っている状況を思い浮かべてしまいます。カエル人気の一つに、あの緑の身体に大きく真っ黒な目が人気の秘密かな。実際にかわいいですしね。僕は子供の頃に沢山カエルを捕まえた経験がありますが、みなさんはどうなのでしょう?イメージ的には多くの男子がカエルを捕ってたと思います。女子にはあまり好まれなかった苦い思い出があるカエル捕りでした。

0531001b

さすがにこんなに多いとカエルへのイメージが変わるかもと思いながら1カット入れました。単体で飾られることがいいと思います。

カエルは以前、所持品のカエル日時計を掲載しましたが、折角の機会ですのから後で、もう1カット入れますね~

楽天で最安だと思われるブリキのカエル君です。寝そべってるのが面白いですよね。流行った商品は基本ネットショップに並び増えてくると実店舗に並ぶというのが、長く続いている商品の流れです。最近はそのタイムラグが短くなったと思います。カエルがネットで流行った場合、その翌月には店舗でも並びだすという感じではないでしょうか。

好みは分かれるかも知れませんが、面白い雰囲気でカエルを表現していて私はこういうテイストも好きです。北欧インテリアとも合いそうなテイストですなのが更によいかと。
色々と雑貨を探していると楽しいですよね。一人でじっくり探すのが私のスタイルです。

スポンサーリンク






6月に向けてのインテリアライフの一助になれば幸いです。

kaguran001

約束の日時計です。

オススメ  インテリアショップを見ることで刺激を